有限会社原田住宅建装

0532-62-5703

上記電話番号をタップすると発信します。

閉じる

募集職種
一覧

有限会社原田住宅建装 採用サイト

ものづくりが好きな人集合!!
募集職種一覧 大工

「ライフスタイルで選べる雇用形態が魅力」

弊社は愛知県豊橋市や三河地区を中心に、外壁サイディングや板金工事、新築・増改築工事を一括で担っている企業です。
おかげさまで地域のお客様から支持して頂いており、現在では需要に供給が追い付いていない状況にあります。
それと共に弊社の課題となっているのが世代交代に伴う技術の継承です。
そこで今回は次世代育成を目的として、新たに正社員を募集します。
自由に働きたいという方には、委託業務形態も用意していますので是非ご応募下さい。

業務内容WORK

大工

体調の報告や各現場の確認を行い、担当について現場へ移動します。
木造建築物では、コンクリート基礎や屋根・外壁・内装の仕上げ以外のすべてにたずさわる重要な業務です。

採用に関する
お問い合わせ

0532-62-5703

  • 担当 原田恵吾

インタビューINTERVIEW

入社の決め手になったものは何ですか?

学校を卒業するにあたり、自分で考えながら仕事ができる会社を探していました。
職場見学の際に社長とお話させていただき、「この会社なら毎日やりがいを持って仕事ができる!」と感じたので入社することにしました。

職場の雰囲気について教えてください。

メリハリのある職場です。
誤った方法で作業をしていると危険ですから厳しく叱られます。
一方で、今まで出来なかったことが出来るようになると、ものすごく褒めてくれます。

思い出に残っているエピソードを教えてください。

入社してすぐ大工として初めて携わった戸建て住宅が完成した時はすごく感動しました。
今でもその近くを通るたびに、その時の感動が蘇ってきますし、これからも頑張ろうという気持ちになります。

仕事をするうえで大切にしていることを教えてください。

主に新築工事のサイディング張り、金属サイディング張りをしていく業務内容です。大工という仕事はノミなどの刃物も扱いますし、高所での作業もあります。
手を抜いたり間違った方法で作業していると、自分だけでなく仲間も危険に晒してしまいます。
そうならないために集中力を大切にしています。

求職者に向けてメッセージをお願いします。

この会社ではさまざまな知識や能力を身につけることが出来ます。
未経験からスタートした私自身も、大工としてはまだ未熟ですが着実に成長しています。
楽しい職場ですからぜひ一緒に働きましょう!!

代表者から
あなたに向けて

人あっての仕事、人あっての喜び

有限会社原田住宅建装は、先代が昭和60年に創業しました。以来、豊橋市を拠点に三河地区の各地で施工実績を重ねております。
弊社が大切にしているのが、先代から厳しく教えられた「何事に対してもありがたみを忘れないように」という言葉。人とのつながりを大切にし、一件ずつ丁寧な仕事を追求することこそ、お客様の笑顔につながるものと考えています。
お客さまからいただくお喜びの笑顔は、私たちにとってかけがえのない財産です。

同時に働いてくれている社員への感謝も忘れていません。

一人ではとても終えられない工事も、仲間との連動によって乗り越えることは、この仕事の醍醐味です。
現場の達成感を共有し、できあがった物件を一緒に眺める瞬間は、何物にも代えがたい嬉しさがあります。
たとえ施工を経験したことがない未経験者でも、先輩たちがしっかりとサポートします。工具の使い方から丁寧に指導しますので、安心して弊社にご応募ください!

代表者 原田恵吾

採用に関する
お問い合わせ

0532-62-5703

  • 担当 原田恵吾

福利厚生WELFARE

交通費支給、
社会保険完備、
作業着支給

福利厚生には力を入れています

懇親会・イベント多数


親睦も兼ねて潮干狩りやBBQ、食事会も実施しています

募集要項GUIDELINES

募集職種 大工
応募条件 必須 普通自動車免許
雇⽤形態 正社員
交通アクセス 豊橋駅から徒歩30分、飯村小学校から徒歩5分
勤務時間 8:00~18:00  ※現場次第
賞与 年3回、出来高、初回寸志
給与 日給
(経験者13,000円~、未経験者9,000円~ ※月給計算で経験者30万円~、未経験者20万円~)
その他⼿当 残業手当、家族手当、住宅手当、交通費支給
契約期間、試⽤期間 なし
保険 労災、健康、雇用、年金
転勤 なし

エントリーフォームENTRY FORM

氏名
年齢
メールアドレス
電話番号
現在のご職業
住所
採用形態

採用についての
お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

0532-62-5703

  • 担当 原田恵吾